歯科口腔外科


デンタルケアはとっても大事!

デンタルケアをしないと歯垢が歯石に変わり歯周病へと発展します。
歯周病は歯の根本が膿んだり、歯がぐらぐら(動揺)したりします。
人間では歯のバイ菌が血管から心臓まで回ってしまうという事がわかっています。

歯は食事を取るためにとても大事なものです。
口腔の衛生を保つという事は、歯の衛生を保つ事です。
歯には歯周ポケット(歯と歯茎の間の隙間)があり、そこをお掃除するには歯ブラシが必要不可欠になります。
しかし歯ブラシを嫌がるペットも多いと思います。
その為、歯ブラシ以外のデンタルケア用品を使って少しでも歯の衛生を保つようにしましょう。

歯を健康に。
それが長生きの秘訣です。


歯科治療について

当院では歯のレントゲン検査を行い、根本が歯周病で重度に溶けている場合は抜歯を推奨しています。
動揺や歯周ポケットの深さでは決定はしていません。


当院では無麻酔の歯科処置は行っておりません。

無麻酔での歯科処置はペットに大変危険でもあり、また十分な施術が行えません。
詳しくは日本小動物歯科研究会に記載されているこちらをご覧下さい。

 

当院の歯科処置の流れ

こちらは歯科処置単独での処置の場合です。他の処置と組み合わせた場合は同じ処置は行えません。

歯科処置の分類

現在の歯の状態を確認し、処置を行います。

予防歯科処置
歯垢、歯石除去(スケーリング)
歯の治療の分類
・保存修復
・覆とう術
・生活歯髄切断術
・抜髄根管治療
抜歯
不良な歯肉を削り、歯肉を縫合します。

猫の歯周病

食欲がない。よだれが出る。歯ぎしりをしている。口の周りが痛そうなど、
それは歯周病の症状かもしれません。


症例紹介.

症例1.犬
処置:歯石除去、キュレッタージ、ポリッシング処置、歯肉縁下レーザー治療
症例2.犬
処置:歯石除去、キュレッタージ、ポリッシング処置、歯肉縁下レーザー治療
症例3.犬
処置:生活歯髄切断。
人を噛んでしまう子の処置の1つです。歯を削るので、怪我が大きくなるのを防いでくれます。
症例4.猫3歳 歯肉炎
処置:全顎抜歯
3歳ながら歯周病が酷く抜歯する事で疼痛から解放されました。

よくあるご質問

「歯石除去の費用はどれくらいですか?」
とのご質問をお電話口にて度々お受けしますが、動物種、処置の内容などによりそれぞれ異なりますのでお答えできかねます。
お口の状況を確認させて頂き、ご提案致しますので、まずはご来院をお願い致します。

当院取り扱いのデンタルグッツ

カウンターに設置してあります。お気軽にご質問下さい。サンプルもご用意あります♪

C.E.T歯磨きペースト
嗜好性に優れた酵素入りの歯磨きペースト。
フレーバーは4種類。
チキン・モルト・シーフード・バニラミント。
ブラッシング後すすぐ必要はありません。
Ciシュワワ
ブラシの先が小さく、小さなわんちゃん・ねこちゃんに最適です。
特殊な樹脂で出来ている為、1度なら自由な角度に曲げる事ができます。
価格もリーズナブルです。
ファモア
360度型の歯ブラシ。角度を気にせず簡単キレイに磨けます。ねこちゃん、小型犬におすすめ!
アクアデント
毎日の飲み水に混ぜるだけの簡単ケア!
歯のブラッシングやデンタルケアガムと組み合わせてお使いいただくのが効果的です。
ご使用になるときはお水で100倍希釈にしてご使用ください。(5mlの場合、500mlのお水で希釈)
デンタルシート
食事の後、歯の汚れが気になるときにふくだけでキレイな歯をキープ!
シートを人指し指にかぶせ、巻きつけ歯や歯ぐきをやさしくマッサージしながら汚れを落とします。
シートが白いので磨くと歯垢が落ちたのがわかります。
30枚入りなので1か月使用できます。
猫用グリニーズ各種
おいしく噛んで歯垢をキレイに落とす!いつもの食事と併せておやつとして与えてください。
C.E.Tビルバックチュウ
植物由来の原料を使用した嗜好性のよいデンタルガムです。
噛むことで歯垢の付着を抑え、歯と歯茎の健康を維持します。
エクストラシリーズはより長く噛む事を目的に厚みを増しています。

歯の事で知りたい事、お困り事などありましたらお気軽にご相談下さい。