軟部外科


当院で処置を行った整形外科症例です。症例は随時更新しています。


犬 17歳6か月 胆嚢粘液嚢腫
猫 ♂ 尿道結石

尿道閉塞を解除してもたびたび閉塞するため、尿道の太い部分を包皮とつなぐ手術を行う際、同時に尿道から膀胱に押し戻した結石を硬性鏡で除去。

猫 8歳♂ 膀胱結石、尿路閉塞
尿が出ない尿道閉塞で来院。尿道に石がつまり尿が出ない為、尿道を太くする手術と同時に硬性鏡(膀胱鏡)を実施し、膀胱結石を除去。膀胱を切ることなく手術が終了しました。
犬 ♂ 胆嚢粘液嚢腫、胆嚢破裂
嘔吐が原因で来院されました。検査で胆嚢の病気が疑われたため、手術を実施。お腹に胆泥が漏れ出て腹膜炎を起こしていました。無事退院し、今は元気も食欲も旺盛です。
犬 9歳♂ 会陰ヘルニア
お尻にできものができているという主訴で来院されました。
検査によりお尻のふくらみの中に膀胱が出ていました。会陰ヘルニアと診断し、手術を実施。
去勢・膀胱整復・精管固定・大腸固定・会陰ヘルニア(メッシュ設置)・直腸粘膜プルスルーという手術を同時に行ないました。
犬 11歳♀ 巨大食道症・胃拡張胃捻転症候群
巨大食道症を患っていたGレトリバー。食後、立位を保ち胃に食餌が入るのを待たなくてはいけませんでした。
今回胃拡張胃捻転症候群を発症し、胃固定と同時に食道を縮小する手術を実施したことにより、食後、立位にせず、食餌を取ることができるようになりました。
大型犬の立位を維持するのは大変ですから、立位にしなくてよいと飼い主様も安堵されていました。
猫 ♂ 膀胱結石・会陰尿道路造廔術(尿道拡張手術)