胸・腹腔鏡


胸・腹腔鏡手術とは?

一般的な開腹手術とは異なり、体に小さな穴を2~3か所開け、お腹にガスを入れ空間を作り、カメラや器具を挿入し、画面に映し出された映像を元に手術を行います。
傷口が小さい為、痛みも少なく、また回復も早いのが特徴です。
メリットは大きいですが、デメリットもあります。また、すべての症例に胸・腹腔鏡が適応ではなく、開腹をしなければいけない場合もあります。

メリット
・傷口が小さく、痛みも少なく、傷の治りが早い。
・お腹を大きく開けない為、臓器の乾燥やダメージを防ぐ事ができる。
・臓器の癒着を防げる。
・開腹をしない為、日帰りが可能である(避妊・陰睾手術のみ)
デメリット
・カメラを通して確認しながら手術を行うので、開腹手術に比べて時間がかかる。
・腹部内を見やすくする為、炭酸ガスを用いた気腹装置を使用する際、血液の循環が影響を受ける場合がある。
・様々な機材を使用する為、コストがかかり手術費用は開腹手術に比べて高額になる。
・過去に手術歴があったり、臓器が癒着を起こしている場合、胸・腹腔鏡では対応できず、開腹手術に切り替えなければならない。
代表的な適応症例
・避妊手術
・腹腔内陰睾
・膀胱結石
・予防的胃固定
・胃捻転(胃・脾臓の状況により開腹手術に変更する場合があります)
・臓器の一部を採取しての病理検査 など

試験開腹の場合

試験開腹の場合、小さな傷でお腹の中を確認し、少し材料を取る事(採材)もできます。

腹腔鏡での予防手術

当院で処置を行った胸・腹腔鏡症例です。症例は随時更新しています。

犬 4歳♂ 膀胱結石
犬 ♂ 膀胱結石
犬 ♂ 膀胱結石
犬 ♂ 尿道閉塞 膀胱結石
過去に膀胱結石摘出歴(開腹手術)のある結石摘出手術(腹腔鏡)。

胸・腹腔鏡での手術のご予約は ☎0467-33-5686

通常 診察時間内にお電話下さい。

避妊・去勢手術につきましては、『避妊・去勢手術』のページをご覧ください。

価格につきましては、動物種・体格・処置内容により異なります。